ドローン防災シンポジウム2017開催

慶應義塾大学ドローン社会共創コンソーシアム(代表:古谷知之 慶應義塾大学総合政策学部教授)、一般社団法人ドローン操縦士協会(代表:小林一郎 理事長)と共催で、防災・災害調査におけるドローンの利活用をテーマにした公開シンポジウムを開催。

ドローン社会共創コンソーシアムは、「ドローン前提社会」の実現を目指して、ドローンの社会実装に関する調査研究、訓練プログラムの開発、産学官・地域連携活動などに取り組んでいます。ドローン操縦士協会とは、人材育成や災害対策の分野を中心に連携活動を進めています。

今回のシンポジウムでは、ゲストスピーカーとして弊協会JAPAN47代表理事がドローンを活用した防災・災害調査についてステージに立たせて頂きました。